ローヤルゼリーがスゴい理由

生ローヤルゼリーのメリット

ローヤルゼリーの中でも純度の高いものが「生ローヤルゼリー」です。
非常に新鮮かつ繊細で、無駄な添加物等が入っておらず、生ローヤルゼリーよりも優れたローヤルゼリー存在しないと言われています。
今回は、そんな生ローヤルゼリーのメリットや摂取方法について、ご説明したいと思います。

生ローヤルゼリーのメリット!

 基本的な効果・効能自体はローヤルゼリーと変わりません。
しかし、純度・鮮度が高いため、効果・効能の大きさという面で見ると、ローヤルゼリーを大きく凌駕するでしょう。

●免疫力向上
 ローヤルゼリーはデセン酸、パントテン酸という物質が含まれます。
これは天然の抗菌作用を持つ成分で、身体のバリアを突破してきたウイルスや細菌を攻撃し、身体を感染症や病気から守る働きがあります。

●生活習慣病予防
 デセン酸にはインシュリンと同じような働きがあることがわかっており、糖尿病を予防します。
 また、代謝が活発化して脂肪がよく燃焼するようになり、肥満改善にも効果があります。
更には、自律神経を整えて血圧を適正な値に戻す作用を持ちます。
 このように、ローヤルゼリーには糖尿病や高血圧、肥満などの生活習慣病やそれに関わる症状を改善する効果があるのです。

●アンチエイジング
 ローヤルゼリーには、アルツハイマーを防ぐアセチルコリンや、肌の細胞を活性化するアピシンが含まれています。
また、人体では生成することのできない必須アミノ酸が8種類も含まれており、これらが老化の原因物質の生成を抑制します。

●冷え性
 ローヤルゼリーが持つアミノ酸、ビタミン、ミネラル等の成分や、自律神経を整える効果によって、冷え性が改善すると言われています。
ローヤルゼリー自体が未だ謎の多い食品であるため詳細な要因は判明していませんが、多くの実験において、手足や腰の冷えが和らいだという結果が得られています。

生ローヤルゼリーの特徴

 ローヤルゼリーは、ミツバチが女王蜂のために体内で生成し分泌するものを言いますが、特に生成後72時間以内に採取されたものを生ローヤルゼリーと呼びます。
生ローヤルゼリーには、以下のような特徴があります。

●通常のローヤルゼリーよりも栄養価が高い
 無添加・無加工であるため、ローヤルゼリー本来の栄養を失うことなく摂取できる点が最大のメリットです。

●酸味が強い
 酸味が強いということは鮮度が高いという証拠になるのですが、クセが強いため苦手な方も少なくありません。
購入の際は、可能であれば試食してみることをオススメします。

●酸化しやすい
 酸化防止等の対策がされていないため、空気に触れるとすぐに酸化してしまいます。
一般的には冷蔵庫で保管すれば1年は保存できますが、できれば開封後3ヶ月以内に消費するとよいでしょう。

生ローヤルゼリーの摂取方法

 生ローヤルゼリーは独特の酸味を持つためクセが強く、苦手な方も少なくありません。
そんな方には、以下のような摂取方法がオススメです。
ただし、いずれの場合にも糖分を摂り過ぎると、ローヤルゼリーが含んでいるビタミンB1の働きを阻害してしまうので注意しましょう。

●ハチミツと混ぜる
 ハチミツの甘みで強い酸味を消し、飲みやすくします。

●ヨーグルトと混ぜる
 ローヤルゼリーと乳酸菌の相性は非常に良いため、ヨーグルトと合わせて摂取することもオススメです。

●牛乳と混ぜる
 カルシウムとの相性も良好です。
牛乳のほのかな甘みがマイルドな味に仕上げてくれます。

 通常のローヤルゼリーよりも栄養価が高いという点が、生ローヤルゼリー最大のメリットです。
しかし、味の調整や酸化防止対策がされていないため、飲みづらく長期保存がしづらいというデメリットを持ちます。
 ただし、飲みづらさについては他の食品と同時摂取することで軽減でき、また保存期間も密封して冷蔵すれば3ヶ月~1年間は保存可能です。
 ローヤルゼリーで健康になりたいという方は、ぜひ生ローヤルゼリーも検討してみてはいかがでしょうか。